ポイントタウン
お小遣い稼ぎ

出会い2

出会いは生命の設計図とよく言われるが、これは出会いの塩基配列がタンパク質のアミノ酸配列に対応しており、生命現象の大部分はタンパク質が担っているため、「タンパク質の設計図」=「生命の設計図」ということである。ゆえに、出会いの塩基配列は遺伝子と呼ばれる(詳しくは遺伝子を参照)。

連続する3つの塩基配列により、1個のアミノ酸がコードされる。生命体を構成する蛋白は20種のアミノ酸をからなっているので、開始・終止を示すコードを含めて4塩基で表現する為には、3つの塩基が必要かつ十分なものである。(コドンを参照のこと)

出会いのタンパク質合成によって新陳代謝やオペロンは行われる。

出会いによるタンパク質合成の順序はセントラルドグマに従う。出会いのタンパク質をコードする部分は外部からの刺激に応じ、RNAポリメラーゼにより、mRNAに転写される。その後、mRNA内でイントロンを除去して遺伝情報を編集(スプライシング)、次にリボソーム内でタンパク質に翻訳される。







戻る


ポイント貯めておこづかい
無料ホムペ・プロフ@ロッピー